未然に予防策を打つ

2014年6月25日 / 未分類

???? Vol.107 ?????????????

 

雨の日にはどうしても都合上車を利用する事が多くなるでしょうが、雨の日に車を乗った際には、しっかりと後処理を行なう事が望ましいと言えます。雨の水が車に残った状態で、最終的に乾いてしまうと見て分かるくらいに雨ジミが残ってしまいます。早期であれば拭いて簡単に取れる事があるのですが、長らく放置してしまうとなかなか落ちない頑固な汚れになってしまう事も稀ではありません。綺麗なボディに水玉の汚れが残ると、車のカラーによっては目立ってしまうのでしっかりとした予防策を行なう事がおすすめです。
雨ジミの予防策としては、やはりしっかりと拭き取る事がおすすめです。自宅の駐車場が屋根つきや車庫であれば、車庫に締まった段階で、タオルで軽くでもしっかりと拭き取る事が大切です。これを行なっておくだけでも全く違いがあり、ほとんど雨ジミは残らないといっても良いです。もちろん、タオルでは天井の水を拭き取るには苦労をしてしまうので、専用のアイテムをつかって、天井まで綺麗に拭き取れる様に準備をしておくのもいいでしょう。特にボンネット辺りなど、目立つ部分は忘れずに手入れをしておくことが綺麗なボディとして残しておくには大切になると言えます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る