原因を把握しよう

2014年6月25日 / 未分類

自動車に付く汚れには色々な種類がありますが、その中には一度付いてしまうと中々取れないものもあります。雨ジミと呼ばれる汚れがまさにそうした汚れの一つで、特に長年放置してしまった雨ジミはただ単に洗車したところで全く落ちませんし、プロの手で特殊なクリーニングを受けたとしても綺麗にはなるかもしれませんが、ボディーの寿命を落とす可能性があったり、予算も相当な額を支払わなければならなかったりとその代償は決して小さくありません。そんな雨ジミは一体どうして引き起こされるのでしょうか。手紙01
雨ジミの原因といわれると名前の通り雨が原因だということは分かると思いますが、雨ジミには現在二つのタイプが存在します。まず一つが結晶の付着による雨ジミで、雨の中の成分が水分が蒸発する事によって結晶化することでボディーにしみを作ってしまう状態を指します。このタイプは昔からあり、除去には手間が掛かることで知られていましたが、大気汚染が進行して酸性雨が降り始めるようになると雨の中にある酸がボディーの塗装を溶かしてしみを作ってしまうタイプが現れるようになりました。このタイプはボディーに直接的なダメージを与える分放置すればボディーの寿命を縮める事になるので特に注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る