コーティングで雨ジミを防ぐ

汚れはどうしても車に付いてしまうものですが、その中には取るのが難しくなる汚れも珍しくありません。雨ジミは特に頑固な汚れになりやすいことで知られており、水分中の成分が固まることで取れなくなることもあれば酸性雨によって塗装を溶かしてしまったりとただ単に汚れるというよりも自動車のボディーを変質させる効果があることから特に丁寧に落とさないとボディーに悪影響を強く残すことにも繋がりかねません。もし雨ジミが残ってしまうと本格的な設備を使用する特殊なクリーニングを行わないと除去できないそうですが、そんな雨ジミを防ぐためにはいったいどうすれば良いのでしょうか。
雨ジミを予防するためには定期的な洗車はもちろんですがとにかくボディーに水分が残らないようにすることが大切です。洗車後などはからぶきを徹底して行い、水玉などが残らないようにしたり、雨が降った時もそのままにしないで軽く雨水を流した後に同じくからぶきして水分をボディーに残さないようにしましょう。またボディーのコーティング剤もボディーの水分をはじく効果があるのでそういったコーティングも定期的に行うようにすれば水分を寄せ付けませんし、多少ながらも雨ジミの悪化を防ぐことが出来るでしょう。
???? Vol.83 ?????????

TOPへ戻る